ご挨拶

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

♪つる舞う形の群馬県~郷土かるた「上毛かるた」の一札です。

私は生まれ育った群馬県が大好きです。
私の祖父が昭和22年この地(つるのくちばし辺り)で、燻し瓦の窯元として創業した弊社は2代目が屋根工事業へと大きく舵を切り、引き継いだ私、岡田雅一が3代目の代表とし事業を営んでいます。

岡田瓦店は、板倉、明和、邑楽、大泉、千代田町(邑楽郡)、館林市を中心に屋根外装リフォームを得意とし活動しています。

お住まいになりながらのリフォーム工事では、短工期で、確りした工事が必須です。改修部位が屋根、外壁等に掛る場合でも工事に手待ちが出ない様に、弊社では職方の多能工化を進めています。
多くの現場経験の中には、失敗事例もありました。同じ過ちを起こさぬ様に改善を行っています。お客様毎に様々な不安があるのがリフォーム工事です。事前に多くのお話をさせてください。

現場で働く職方も一致団結し、大切な住まいを造り上げます。皆、笑顔が自慢の職方です。来た時よりも美しくを常に心掛け、整理整頓を徹底しています。
住まいの傷みは築年数、立地状況等により様々です。屋根、外装の無料診断を常に行っています。お気軽にご相談ください。


窯元から瓦葺き…屋根外装工事業へ!

岡田瓦店は創業以来、様々チャレンジを続けています。燻し瓦製造の窯元から先代は、主に瓦葺きを手掛けて参りました。土を成型し自然素材の温かみと強さを受け継いできた瓦。耐久性、断熱性、遮音性を併せ持ち経済的な屋根材です。

近年「自然災害に強い住まい」が求められています。「屋根は軽い方が良い」予期できない大震災に備えたコピーを目にします。
間違いではありません。同じ住まいの造りでは、軽い方が強いのです。
しかし、屋根だ強ければ(軽ければ)良いというものでもありません。
住まいの構造強度がカギとなるため、体の重さ強さに合った頭(屋根)であることが重要です。

様々な軽量屋根材が見られる様になった昨今。積極的に使用しその特性を学んでいます。
木造住宅の造り、屋根の雨仕舞を熟知した建築士が対応いたします。

「強く美しい屋根外装を提案施工」へ此れからもチャレンジを続けていきます。

代表取締役 岡田 雅一

 

施工エリア

  • 有限会社 岡田瓦店
  • 群馬県邑楽郡板倉町大字下五箇207-3
    TEL:0120-876-654(フリーダイヤル) 
    FAX:0276-82-0913
" "